「空海から見えた仏教と王朝」と題しまして八世紀から九世紀にかけて大変革を遂げた日本仏教と、律令国家として整備されたがゆえに仁義なき戦いを繰り広げた王朝の絵巻を語りたいと思います。

あなたがご存じの奈良時代や空海のイメージが変わるかもしれません。

とは言え気楽なZOOM飲み会でのプレゼンです。ウイスキーでも片手にご覧下さい。

以下の資料を参照、拝借しましたが精密な時代考証ではおりません。 「ホンマでっか!」「諸説あり」の精神でお 楽しみ下さい。

構築された仏教思想 空海 佼成出版社
古代史講義 ちくま新書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。